会長挨拶

第16回日本Awake Surgery 学会開催に向けて

今年9月8日(土曜日)に新宿は河田町にあります東京女子医科大学弥生記念講堂におきまして、第16回日本Awake Surgery学会を開催させていただきます。
Awake Surgery学会とは、そもそも「麻酔、摘出術(手術)、手術中の言語機能等の高次脳機能検査」の3つのパートからなり、それぞれわが国の関連学会である日本麻酔科学会、日本脳神経外科学会、日本神経心理学会の承認を得て開催され、ガイドラインに則った講習会が毎年開催され、資格要件を各医療施設が満たすべく多くの参加者と活発な議論が展開されている学会です。
この学会で、Awake Surgeryにおいて新たに導入されるべき機器や用具について展示や新たなるリハビリテーション、麻酔や脳外科手術の実際を知り、また一方でご自身の経験を発信することは、我が国におけるAwake Surgeryを施行する現場や管理者へのきわめて強力なアピールとなること間違いありません。Awake Surgery学会こそが最もそれにまつわる医療関係者が一堂に介するチャンスです!
新たにAwake Surgery実施施設認定を受けられる病院施設の脳外科、麻酔科、リハビリテーションの先生方、コメディカルの皆さま、最新の情報と展示を取り込むべく、また既に施設認定を受けらえている病院施設のスタッフの方々も更なる振り返りを実践していま行っているAwake Surgeryの更なる発展向上を目指すべく、奮ってご参加のことを心中より申し上げる次第です。

2018年4月吉日
第16回日本Awake Surgery 学会 大会長 尾崎 眞
東京女子医科大学・医学部 麻酔科学講座 教授